一度はデータ復旧を依頼したことがあるでしょう。
ご自身で復旧を試みた人、失敗した人も多いことでしょう。
いかなる場合でもデータ復旧のプロにお任せすることです。

  • HOME
  • 予備校用の端末のデータ復旧をする

予備校用の端末のデータ復旧をする

予備校の生徒用のシステムは、パソコンやスマートフォンを通じて利用可能です。

しかし接続用のデバイスを所有していない生徒は、システムの恩恵に預かれないという事になります。

それでは予備校のサービスを利用するのに同じ料金を支払っているにも関わらず、格差が生じてしまうのです。

それを避けるには予備校がシステム接続用の端末を準備するのが効果的になります。

例えば予備校の中で自習室の予約をする時、スマートフォンを所有していなくても予備校の端末の前へ行けば問題ないという事です。

■端末が壊れる事もある

予備校で設置される端末は、デスクトップパソコン型が最も多いと言われています。

携行性に優れている端末だと、最悪の場合は盗難被害に遭ってしまうからです。

持ち運びが難しい大型の端末の方が、リスク軽減の効果を期待出来ます。

昨今では予備校のシステムにアクセス出来るスマートフォンが普及しており、無理して備え付けられている端末を利用する必要はありません。

予備校のシステム接続用の端末は、言わば緊急避難先の様な存在になっています。

だから1台の端末しか設置していない事は珍しくなく、故障発生によってサービスの供給に支障を来たしてしまう可能性が高いのです。

■記憶媒体の故障はデータ復旧が必要

予備校に設置されているシステムにアクセスするための端末は、早急に元の状態へ戻す必要があります。

自由にシステムへアクセス出来ない状態は、サービスの質が低下しているのと同義だからです。

一般的に特定の部品が壊れる事によって端末の故障は発生します。

原因を明確にして部品交換すれば復旧が完了するので、切り分け作業に慣れていて予備部品が充実していれば素早く直す事も可能です。


ただし記憶媒体が故障している場合には、新しいものへ交換した時点で蓄積してきた全ての情報が失われます。

記憶媒体はデータを永続的に保存するための機器だからです。

以前と同じデータが保存されている状態での復旧を望むなら、部品交換後にバックアップのリストアの工程が加わります。

■予備校用の端末のバックアップデータについて

予備校のシステムへアクセスするための端末は、無駄なソフトウェアがインストールされていません。

必要最低限の機能だけが搭載されています。

よってシステムのアクセスに必要な設定情報さえデータ復旧出来れば、運用する上で問題はありません。

ログデータもシステム側に残るため、無理して取得する必要はないと言えます。

よってバックアップのタイミングは設定変更作業を行う時に限っても大丈夫です。

リストアするのが古いバックアップデータだったとしても、故障時と同じ設定情報が入力されていれば、データ復旧による新しいトラブルは発生しません。