一度はデータ復旧を依頼したことがあるでしょう。
ご自身で復旧を試みた人、失敗した人も多いことでしょう。
いかなる場合でもデータ復旧のプロにお任せすることです。

  • HOME
  • 予備校用のサーバーをデータ復旧する

予備校用のサーバーをデータ復旧する

学校外で授業を受けるための施設である予備校は、志望校へ合格するために有効なカリキュラムを提供しています。

授業内容が優れている事ばかりが評価されていますが、セキュリティシステムや自習室の予約システムが充実している事も、サービスの質を向上させる事に役立っているのです。

大事な子供を預ける場所だから不審者が立ち寄らない環境を整える事は重要で、能率のある学習を実践するためには集中出来る場所が求められます。

だから利用者の親の中には授業内容よりも設備面を重視するケースがあるのです。

■サーバーが設備を支えている

予備校に設置されているシステムは、サーバーに依存する形で動いています。

サーバーが停止してしまうと予備校の便利なシステムは動作不能になってしまうのです。

サーバーが停止する原因になり易いのは、記憶媒体の故障だと言えます。

サーバーを構成している大半の部品は多重化されていますが、記憶媒体は単一で稼働しているからです。

1台の記憶媒体が壊れるだけで、インストールされているOSや応用ソフトは動かなくなります。

そして最も人気があるハードディスクは、記憶媒体の中では壊れ易い部類に属しているのです。

その事も関係してサーバーの記憶媒体は、リスクが集中していると評されています。

■サーバーの記憶媒体が壊れた時の対応

予備校に設置されているサーバーが壊れても、サービスに影響しない様に対策が練られています。

しかしサーバーが壊れると平常時のサービスと異なってしまうのは間違いありません。

サーバーの復旧が遅れると、子供を預けている親が不満を抱く事もあります。

高い授業料を支払っているにも関わらず、サービスの質が悪いと感じるからです。

だからこそサーバーの記憶媒体が壊れたら、正しい手順を踏む必要があります。

最初に必要なのはメーカーの手で記憶媒体の交換を代行して貰う事です。

サーバーの記憶媒体の交換は、メーカーが担当する仕事になります。

しかし交換した記憶媒体はデータが全て消えている状態なので、ユーザーはデータ復旧を完了させなければなりません。

あらかじめバックアップしておいたデータをリストアすれば、データ復旧を行う事が出来ます。

■バックアップは定期的に取得すべき

予備校に監視カメラが設置されている場合には、録画データがサービスに関わる事もあります。

録画データを一定期間保存する事で、子供の安全をアピールしているからです。

しかし記憶媒体が壊れてしまうと、蓄積してきた録画データが消えてしまいます。

バックアップしているデータが古いと、リストアによるデータ復旧では空白の録画期間が生じるのです。

極力それを避けるためには、定期的なバックアップを習慣づける事が大切になります。