一度はデータ復旧を依頼したことがあるでしょう。
ご自身で復旧を試みた人、失敗した人も多いことでしょう。
いかなる場合でもデータ復旧のプロにお任せすることです。

  • HOME
  • 予備校用のRAID5構成のサーバーをデータ復旧する

予備校用のRAID5構成のサーバーをデータ復旧する

予備校は生徒の学力を効率的に向上させる事に慣れています。

それは公共の学校の授業内容よりも、カリキュラムが洗練されているからです。

そして高い偏差値の学校に進学させたいと親は考えるので、レベルの高い授業を行う予備校に人気が集まるようになりました。

それにより自然と予備校の実施するカリキュラムは似通うようになったのです。

サービスの内容に大きな違いが無くなると、その他の面が注視されるのは必然的な結果だと言えます。

それにより授業料が他よりも安い予備校や、生徒の安全確保に努めている予備校が登場しているのです。

授業料は業務を効率化する事で果たされ、安全面はセキュリティシステムによって解決します。

それらを支えているのは予備校に導入されているサーバーです。

■サーバーをRAID5構成にする

サーバーには様々なシステムをインストール出来るので、予備校のサービスを根幹から支えています。

サーバーが壊れてしまうと安定供給されていたサービスに不備が生じるのです。

一時的にサーバーを頼らない体制で乗り切る事は可能ですが、出費の肥大化は避けられません。

今までと違う形でサービスを提供すると、無理が生じて経費の肥大化という形で顕在化します。

だから予備校を支えているサーバーは、RAID5構成になっている事が多いのです。

RAID5構成にしておけばデータ復旧の時間を短縮する事が出来ます。

サーバーの復旧時間が短くなるため、結果的にサーバートラブルの影響による出費を減らす事が可能です。

■メーカーへ故障したサーバーを送る

RAID5構成のサーバーは、記憶媒体の障害の際に効果を発揮します。

交換した記憶媒体はブランク状態になりますが、RAID5構成のリビルドを実行すると故障時の状態に戻るのです。

ただしリビルドを実行するためには、全ての部品が正常動作する事が最低条件になります。

最初に行うべきはリビルドの実行ではなく、故障したサーバーをメーカーへ送る事です。

高級品であるサーバーは購入すると自動的に保守契約が結ばれます。

それを利用して記憶媒体を修理交換する方が、確実に復旧して尚且つお得なのです。

■RAID5構成のリビルドを実行する

予備校にサーバーが返送されてきたら、RAID5構成のリビルドを実行します。

リビルドの実行方法はRAIDコントローラによって違いがあるので、電源を入れる前に確認すべきです。

簡易的な作りになっているRAIDコントローラは、基本ソフトを立ち上げた時点でリビルドを開始する事もあります。

本番環境を整えてから電源を入れないと、思わぬトラブルを招く事があるのです。

RAIDコントローラの仕様を確認してからでも作業開始は遅くありません。