一度はデータ復旧を依頼したことがあるでしょう。
ご自身で復旧を試みた人、失敗した人も多いことでしょう。
いかなる場合でもデータ復旧のプロにお任せすることです。

  • HOME
  • 予備校用のRAID1構成のサーバーをデータ復旧する

予備校用のRAID1構成のサーバーをデータ復旧する

学力を高めるのに役立つ予備校は、子供を持つ親の信望を集めています。

しかし最近では授業のカリキュラムの質の差が小さくなっており、効果的な学習環境を整えた予備校が人気を集め始めているのです。

例えば子供の自主学習を行う自習室の充実は必ず求められています。

最近では自習室の出席状況をインターネット越しで確認出来る仕組みも登場しているほどです。

同じカリキュラムを受けている生徒同士は差が付き難いですが、自主学習の量が多ければ優位に立てます。

ライバルの子供に負けない事が受験生を抱える親の願いなので、監視体制が整っている自習室は評価されているのです。

■自習室のシステムはサーバーによって提供されている

自習室を監視する体制は様々です。

監視カメラを通して子供の様子をチェックするシステムや、自習室の利用状況を閲覧するシステムがあります。

どちらも自宅のパソコンからインターネット越しに使用出来るので便利です。

そのシステムを支えているのは予備校のサーバーになります。

予備校のサーバーに自習室の専用システムをインストールして、サービルの利用者の親が自宅の端末を通して利用するのです。

全てのサービスはサーバーによって提供されているため、リスクが集中している状態だと言えます。

仮にサーバーが壊れてしまうと安定供給されていたシステムに繋がらなくなるのです。

■サーバーをRAID1構成にして故障を防ぐ

自習室の状況が突然見えなくなったら、予備校へ通わせている親は不信感を抱きます。

神経質な親であれば生徒を別の予備校に通わせる事もあるのです。

だからサーバーの故障発生確率を下げて、トラブルに備える仕組みが求められています。

サーバーの故障原因になり易いのは記憶媒体なので、RAID1構成にする予備校が多いのが実情です。

RAID1構成は2台の記憶媒体に同じデータが書き込まれています。

片方の記憶媒体が壊れても、正常な記憶媒体が処理を肩代わりするのです。

それにより記憶媒体の故障リスクを下げる事になります。

サーバーを安定稼動させたい予備校が採用する常套手段です。

■早急なデータ復旧が必要

RAID1構成のサーバーは片方の記憶媒体が壊れても問題ありません。

それ故に故障した記憶媒体の交換を後回しにする予備校が多いと言われています。

しかし新品の記憶媒体へ交換してデータ復旧する事は、RAID1構成において早めに済ませるべきである作業です。

なぜなら2台目の記憶媒体が壊れたら、データ復旧が不可能な状態になってしまいます。

通常よりも手厚い仕組みのサーバーを導入した意味が失われてしまうのです。

故障した記憶媒体の放置期間が長くなると、2台目の記憶媒体が故障するリスクは高まります。

早急に記憶媒体を交換してリビルドを済ませるべきです。