一度はデータ復旧を依頼したことがあるでしょう。
ご自身で復旧を試みた人、失敗した人も多いことでしょう。
いかなる場合でもデータ復旧のプロにお任せすることです。

  • HOME
  • 予備校用のRAID0構成のサーバーをデータ復旧する

予備校用のRAID0構成のサーバーをデータ復旧する

予備校のサーバーのサーバーには、業務用システムと顧客向けシステムがインストールされています。

つまり予備校の職員と生徒と関係者がアクセスする可能性があるのです。

サーバーは並列処理に向いている機器ですが、アクセスが最も多いピークタイム時は処理が重くなってしまう事があります。

それは業務効率を落とすだけでなく、顧客満足度の低下を招くリスクがあるのです。

サーバーの動作が重くならない様に、十分なスペックを発揮出来る状態に整える事も重要だと言えます。

しかし優れた性能の部品交換を行うだけでは限界があるのも事実です。

■RAID0構成は処理能力向上に適している

サーバーの処理能力に不満を抱いているのであれば、RAID0構成が最も簡単に導入し易いと言われています。

2台の記憶媒体を使って効率的にデータの読み書きを行うストライピングを実践する事で、RAID0構成は処理速度を高めているのです。

複数の記憶媒体を用いるRAID構成の中では、最も初期投資額や維持費が良心的だと評価されています。

性能が優れている部品を使用して、RAID0構成にすれば処理能力で困る事は起こり難くなるのです。

生徒数の多い予備校ではRAID0構成のサーバーが人気を得ています。

■RAID0構成はデータの保守性に問題がある

投資額に向上する処理能力は見合っているため、RAID0構成はコストパフォーマンスに優れています。

しかし最良に見えるRAID0構成にも欠点は存在するのです。

特に問題視されているのはデータ保守関係になります。

バックアップデータを定期的に保存しても、RAID0構成にしていると再構築が上手く進まない事があるのです。

データバックアップは2台の記憶媒体で行う必要があります。

厳密には全く同じタイミングで行われないため、僅かなデータの違いが生じているだけで、論理障害が発生している状態になるのです。

それを避ける事は非常に難しいと言われています。

■RAID0構成の修復をデータ復旧業者に頼る

RAID0構成の記憶媒体が壊れたら、データ復旧業者に頼る手段があります。

故障したタイミングでRAID0構成は動かなくなるので、2台の記憶媒体の書き込みは停止した状態です。

障要因である記憶媒体の復旧に成功すれば、RAID0構成のデータ復旧が行えます。

ただし物理障害の復旧に必要な費用は高額に設定されています。

予備校のサーバーが貴重なデータを集積しているとしても、支払うべき費用の高さには覚悟が必要です。

しかし独力で解決しようとするよりも、スピーディーにデータ復旧を行えるのは間違いありません。

どの程度費用がかかるのかを知りたければ、デジタルデータリカバリ―が提供している無料診断サービスを利用する手段があります。

故障の症状を診断し、復旧費用の見積もりを出してくれるサービスです。

サービスの受け手の信頼を損なう可能性を考慮するなら、予備校のサーバーをデータ復旧業者に任せた方が良い場面もあります。