一度はデータ復旧を依頼したことがあるでしょう。
ご自身で復旧を試みた人、失敗した人も多いことでしょう。
いかなる場合でもデータ復旧のプロにお任せすることです。

  • HOME
  • ホットスタンバイ方式の予備校用サーバーをデータ復旧する

ホットスタンバイ方式の予備校用サーバーをデータ復旧する

予備校のサーバーは高品質なサービスを提供するためには不可欠な存在です。

しかし精密機械で構成されているサーバーは、故障リスクを免れる事は出来ません。

サーバーを稼動させ続ければ必ず経年劣化による故障が発生します。

重要なのは絶対に壊れないサーバーを求めるのではなく、故障時の体制を整えておく事です。

サーバーにインストールされているシステムが全て停止しても、対応策が練られていれば慌てる必要はありません。

ですがサーバーの復旧時間を短くするに越した事がないのは確かです。

■ホットスタンバイ方式で対応する

予備校のサーバーが壊れても、即座に予備機へ切り替える方法があります。

それは予備機のサーバーを導入してホットスタンバイ方式を準備する事です。

予備機のサーバーにはあらかじめ設定データをインストールしておきます。

リアルタイムで蓄積されるデータは本番機に限られますが、システムを動かす上では必要ありません。

履歴関係のデータが必要な場合には、本番機のサーバーを定期的にバックアップする事で乗り切ります。

そして予備機に蓄積された履歴データをバックアップしておけば、本番機が停止している状態もカバー出来るため問題ありません。

■本番機であるサーバーのデータ復旧までの手順

本番機であるサーバーが壊れたら、直ぐにメーカーへ郵送すべきだと言えます。

予備機も壊れてしまったら完全にシステムを動かす手立てが失われてしまうからです。

仮に故障機の代わりに代替え機を準備する契約がされていても、メーカーの配送手配から予備校のサーバールームに到着するまで時間を要します。

それに加えてデータ復旧作業を行ったら、システムの再稼働の目標はいつまで経っても果たされません。

メーカーにサーバーが届いたら現地の技術者の手で、記憶媒体の交換が行われます。

その際に注意すべきは新品状態の記憶媒体には何もデータが存在しない事です。

修理交換対応が完了したサーバーは予備校に返送されます。

つまり正常に起動するサーバーが、データを空っぽにした状態で戻ってくるという事です。


サーバーに蓄積されているデータは保証対象外なので、ユーザー自身の手でデータ復旧する事になります。

その時に用いるのは予備機から取得したバックアップデータです。

直前まで使用されていた予備機のバックアップを用いれば、故障後に細かい設定変更が行われていても支障ありません。

データ復旧が完了したら本番機を元の場所に設置します。

そして本番機にシステムが支えられている状態に戻ったら、サーバーのデータ復旧作業は完了です。