一度はデータ復旧を依頼したことがあるでしょう。
ご自身で復旧を試みた人、失敗した人も多いことでしょう。
いかなる場合でもデータ復旧のプロにお任せすることです。

  • HOME
  • デュプレックス構成になっている予備校用サーバーをデータ復旧する

デュプレックス構成になっている予備校用サーバーをデータ復旧する

生徒の学力アップに役立つ予備校のシステムは、サーバーにアクセスする事で使用されています。

アクセスするために用いている端末が正常でも、サーバーが壊れるだけでシステムの利用が不可能になってしまうのです。

サーバーにリスクが集中している事もあり、サービスの安定供給を望む予備校の経営者は、デュプレックス構成で運営するようになりました。

デュプレックス構成になっているサーバーは、システムの供給を担っている本番機が壊れても、予備機へ即座に切り替わる仕組みになっているのです。

それ故にサーバーの故障によるシステムが停止するトラブルの発生確率を下げる事が可能になっています。


そしてデュプレックス構成で導入される予備機は、本番機が壊れるまで何もしていないわけではありません。

特定の操作を自動的に繰り返すだけのパッチ処理を行う事で、無駄なくエネルギーを使用しています。

デュプレックス構成はホットスタンバイ方式の欠点を見事に解消した画期的な技術です。

■本番機が壊れた場合の初動対応

本番機であるサーバーが壊れたら、即座に梱包してメーカーへ郵送します。

同時に予備機で動かしているパッチ処理を停止して、本番機の代わりを務めさせるのです。

デュプレックス構成の予備機には設定データをあらかじめリストアしておきます。

本番機としての役割を直ぐに担える態勢を整えておくためです。

厳密にはログデータのリストアを行っていませんが、システムを動かす上で支障はないため問題ありません。

■メーカーで本番機が修理交換した後のデータ復旧

本番機のサーバーの不具合は記憶媒体が原因である可能性が高いと言われています。

多重化されていない部品の中で最も故障し易いからです。

しかし本当に問題なのは記憶媒体が壊れると蓄積してきたデータが失われる点だと言えます。

メーカーで修理交換が行われ返送が完了している時には、記憶媒体に保存されていたデータは消失しているのです。

予備校のシステムを担うサーバーとして機能させるには、データ復旧の作業を完了させる必要があります。

そのために予備機のデータをバックアップするのです。

そしてバックアップしたデータを本番機へリストアします。

設定やインストールされていたシステムが元の状態に戻るため、データ復旧を速やかに進める事が可能です。

■ログデータについて

予備校のコンプライアンス上の問題が、サーバーの故障によって浮上する事があります。

それはサーバーに残されているログデータに関する事です。

故障前のバックアップデータを取り戻す必要がある場合には、データ復旧業者を利用する手段があります。

データ復旧業者は物理障害を解決出来る可能性がある数少ない存在です。