一度はデータ復旧を依頼したことがあるでしょう。
ご自身で復旧を試みた人、失敗した人も多いことでしょう。
いかなる場合でもデータ復旧のプロにお任せすることです。

  • HOME
  • デュアルドライブになっている予備校用サーバーをデータ復旧する

デュアルドライブになっている予備校用サーバーをデータ復旧する

予備校のサーバーはスタッフ用と生徒用のシステムがインストールされています。

スタッフと生徒の数が合わさる事によって、サーバーは多大な負担を強いられる事になるのです。

サーバーに搭載されている記憶媒体はハードディスクですが、頻繁に多重アクセスが発生すれば寿命を縮める結果になりかねません。

だから多重アクセスを捌く役割とデータの保存領域としての役割を、2台の記憶媒体で分担する事が推奨されているのです。

前述したサーバーの運用方法は予備校の運営者に支持されており、一般的にデュアルドライブと呼称されています。

デュアルドライブを構成している記憶媒体は、片方が壊れたら正しい手順でデータ復旧する事が必要です。

■SSDのデータ復旧の手順

予備校のサーバーが壊れ易いのは、多重アクセスによる負荷が強力だからです。

それを消耗品と形容されるハードディスクに担当させるのは得策ではありません。

だから多重アクセスを処理する役割を担う基本ソフトはSSDにインストールします。

基本ソフトが壊れるとサーバーが動作しなくなるので注意が必要です。

メーカーによるSSDの交換作業が完了したら、バックアップデータのリストアを行います。

リストアに用いるバックアップの保存先は、デュアルドライブのペアの相手であるハードディスクにすべきです。

前述した通りデュアルドライブの記憶媒体が同時に壊れるのはレアケースになります。

よってデータの保管先として忘れ難い場所であるハードディスクは、SSDのバックアップを格納する場所として妥当です。

バックアップが故障時と近い日時に取得したものであれば、リストアだけでデータ復旧が完了する事もあります。

■ハードディスクのデータ復旧の手順

デュアルドライブ構成において、主なデータの保存先として利用されるハードディスクは、SSDよりも壊れ易いと評されています。

耐障害性の面でSSDよりも劣るからです。

しかし主なデータの保存先として利用される以上、ある意味ではSSDよりもデータ復旧の成功が重要です。

予備校のサーバーにインストールされているシステムのログやデータは、ハードディスクに保存されます。

それが失われれば一時的なトラブルでは済まず、今後の業務全体に悪影響を及ぼす事もあり得るのです。

定期バックアップしたハードディスクのデータの保存先は、デュアルドライブのSSDになります。

しかしハードディスクの使用領域が大きいと、保存容量の少ないSSDでは空き領域が不足する事もあり得るのです。

その場合には外付けハードディスクを用いる等の対応が必要になります。

修理交換が完了したらバックアップをリストアしてデータ復旧が終了する点はSSDと共通です。