一度はデータ復旧を依頼したことがあるでしょう。
ご自身で復旧を試みた人、失敗した人も多いことでしょう。
いかなる場合でもデータ復旧のプロにお任せすることです。

  • HOME
  • Windows XPが起動しない時の対処法

Windows XPが起動しない時の対処法

サポートが終了したとはいえ、使い慣れているためまだまだ現役でXPのパソコンを使用している方は多いと思います。
しかし、長年使用していると様々なトラブルも発生します。特に多いのが正常に起動しないというトラブルです。
しかし、サポートが終了しているため自分で対処する必要があります。そこで、Windows XPで多い起動トラブルの対処法についてご説明します。

■BIOSをリセットする

Windows XPが正しく起動しない要因としてHDDやメディアドライブが正常に認識されていないことがあります。
BIOSを工場出荷時の状態にリセットすることで正常に起動することがあります。
BIOSのリセットについてはメーカーによっても異なるため、機種名を入れてネット検索をするなどして試してみて下さい。

■システムファイルの不具合を解消する

Windowsのシステムファイルになんらかの不具合が発生し、正常に起動しないケースです。
セーフモードでパソコンを起動し、スキャンディスクやシステムの復元を行うことで改善され、正しく起動できるようになることがあります。
セーフモードでの起動方法についてはメーカーロゴ画面でキーボードの[F8]キーを断続的に押下することで起動します。

■前回正常起動時の構成に戻す

前回のシャットダウンの際に正しい手順でシャットダウンが行われていないことが原因の場合があります。
電源を入れると画面に[Windows拡張オプションメニュー]が表示されますので、その中から[前回正常起動時の構成(正しく動作した最新の設定)]を選択します。
この操作により、前回正常に起動した時のレジストリ情報やドライバに戻すことができます。

■リカバリを行う

前述した方法で改善されない場合、OSのリカバリを試してみて下さい。
リカバリとは、パソコンを購入した状態に戻す作業です。発生しているトラブルは解消されますが、インストールされているソフトや保存されているデータも全て消去されますので、行う前にはデータのバックアップを行って下さい。
セーフモードでの起動も出来ずデータのバックアップが出来ない場合、デジタルデータリカバリーなどデータ復旧業者に相談してみることをおすすめします。

■改善されない場合

全て試しても改善されない場合、ハードウェアの故障が考えられます。故障パーツの交換をすることで改善されますが、新しいパソコンに買い替えてしまったほうが良いかもしれません。
なお、保存しているデータを取り出したい場合、データ復旧業者に依頼をしてデータを救出してもらうという方法があります。
または、内臓HDDをパソコンから取り出し、USB変換ケーブルを使って新しいパソコンに繋ぐことで外付けHDDのように認識され、データを移動することが出来ます。