一度はデータ復旧を依頼したことがあるでしょう。
ご自身で復旧を試みた人、失敗した人も多いことでしょう。
いかなる場合でもデータ復旧のプロにお任せすることです。

  • HOME
  • データ消失した場合はデータアクセスしない

データ消失した場合はデータアクセスしない

もしパソコンのデータが消えてしまった場合は、データ消失した場所からデータアクセスしてはいけません。

特にパソコンのデータの場合は、全部のデータが消えていない場合が多いのです。

データが残っている場合は、データ復旧をすることも可能なのでデータアクセスはしないようにすることが肝心です。

ポイントについて分かりやすくご紹介しています。

是非参考にしてみてください。

■アクセスはもう1台のパソコンや携帯から行う

パソコンのデータが消失してデータ障害が起こっている場合は、そのパソコンでデータアクセスしてはいけません。

データ障害が発生している場合は、もう1台のパソコンからアクセスをします。

また、携帯からもアクセスをするとデータ保守をすることができて効果があります。

パソコンのデータは全部消えていないという場合も多いです。

なので、できるだけデータ消失したパソコンなどからデータアクセスはしないように気を付ける必要があります。

■デフラグやシステムチェックはしない

データ消失してデータ復旧がしたいからと言って、デフラグやシステムチェックをむやみに行ってはいけません。

データ消失の原因がシステム障害などでもデフラグやシステムチェックをしても効果がありません。

デフラグはデータ復旧で効果があると考えている人は多い様子。

しかし、ディスクの使用量が多い場合などはデフラグをすると復旧ができなくなってしまいます。

デフラグはデータ消失した時は行わないようにするのが良いと言えます。

■復旧データを復旧元のドライブに入れない

データ消失した時に行ってしまいがちなことはたくさんあります。

例えば、復旧したデータを復旧元のドライブに入れるというものがあります。

これは、復旧したデータが上書きされてしまうようになるので効果がありません。

また、復旧できたデータも復旧元のドライブに保存をすると復旧できなくなります。

復旧したデータを保存する場合は、復旧元のドライブ以外がおすすめです。


いかがでしたでしょうか?パソコンのデータ消失した場合のデータアクセスの仕方などについてポイントをご紹介しました。

保存できるデータがデータアクセスの仕方によって消えてしまうこともあります。

ポイントについて知っておき大事なデータが消えないように注意をする必要があります。

データ消失した時はこのポイントを抑えてデフラグやシステムチェックなどをしないように気を付けることが肝心です。