一度はデータ復旧を依頼したことがあるでしょう。
ご自身で復旧を試みた人、失敗した人も多いことでしょう。
いかなる場合でもデータ復旧のプロにお任せすることです。

  • HOME
  • 注意したいデータ障害の症状とは

注意したいデータ障害の症状とは

パソコンやサーバーで発生するとデータ障害が起こるという様々な症状があります。

どのような症状が起きた場合にデータ障害と言えるのでしょうか? 分かりやすく発生しやすい症状についてご紹介をしています。

是非参考にしてみてください。

■異音が発生する場合はデータ障害の可能性がとても高い

パソコンを使用していると、異音がどこからともなく聞こえてくるということも少なくありません。

最もデータ障害の可能性が高いのは、この異音なのです。

異音すべてがデータ障害を引き起こすというわけではありません。

データ障害の可能性が高い異音としては、「カチカチ」や「カタカタ」という音がする場合です。

この異音は様々な異音の中でも特に注意をする必要があると言えます。

なぜなら、この異音の原因はハードディスク内の磁気ヘッドによるものだからです。


磁気ヘッドによるものの場合は、データの読み取りがしっかりと正常に行われていないというものがあります。

それが原因で、異音が発生しているのでデータ障害が発生している可能性があるのです。

データ障害の可能性が最も高い症状なので、この症状が起こっている場合は注意が必要です。

■電源ボタンの反応がない場合もデータ障害の可能性がある

データ障害の症状の中でも注意をしたいのが、電源ボタンを押しても反応がないという場合です。

この症状が出ている場合は、電源トラブルでショートした可能性が高いと言えます。

ショートしている場合は、要注意です。

こちらもデータ障害が起こっている可能性が高いと言えます。

このような異音や電源トラブルでショートした場合は、物理障害となります。

物理障害の症状は、論理障害よりも自分で改善をするのはとても大変です。


データ復旧は早急に行う必要があるので、自分で復旧をしようとしてハードディスクのデータ領域が損傷してしまう恐れもあります。

データが消えてしまうことも少なくありません。

早急な対応も必要になるので、できるだけ早くデータ復旧業者を利用するのがおすすめです。


いかがでしたでしょうか? 注意したいデータ障害の症状は大きく分けて2種類あります。

これらの症状が出た場合には、物理障害が発生している可能性が高いと言えます。

異音や電源ボタンを押しても反応がないという場合は注意が必要です。

論理障害の症状であれば、自分でデータ復旧もしやすいです。

しかし、物理障害の症状の場合は業者を利用するようにした方が良いと言えます。